タブレットを持って説明する男性医師

ペニシリンとアンピシリン

2つの空のグラス

ビクシリン・ジェネリックはアンピシリンが有効成分の抗生物質です。ペニシリン系に分類されるので、ペニシリンでアレルギー症状を引き起こしたことがある人は、使用をおすすめできません。
ただアレルギー反応を引き起こしたことはなく、一般的なペニシリンで効果が弱かった人は、一度試してみることをおすすめします。

詳しく説明すると、アンピシリンはβラクタム系抗生物質のペニシリン系に分類されるのです。βラクタム系抗生物質は、半減期という薬に含まれる成分の血中濃度が半分に減るまでの時間が約1時間という短さを持っています。
そのため1日の服用回数は、比較的多めになるといえるのです。

ビクシリンが持つ細菌の細胞壁を壊す働きは、βラクタム系の抗生物質が持っています。これを細胞壁合成阻害といい、結果的に細胞壁が薄くなって状態を保つことができなくなるのです。細菌が細胞としての状態を保てなくなることで、細菌を死滅させるので殺菌的抗菌薬に分類されます。

このようにビクシリンがさまざまな細菌に対して作用してくれるので、喉の痛みや咳・発熱をともなう風邪、気管支炎・中耳炎などの症状にも効果を発揮してくれます。他にも細菌が原因の性感染症や大腸菌、赤痢菌などにも高い効果があるのです。
勘違いをしてはいけないのは、ウイルス性の風邪には効果がない、ということです。あくまでも細菌感染によって引き起こされた症状の改善や予防のために、使用できる抗生物質であることを知っておきましょう。

病院処方では無く、通販サイトで購入できるビクシリンは、事前に購入できるので万が一の時に備えておくことができるのです。いずれも重症化した場合には、効果が弱まってしまう可能性もあるので、なるべく早く医薬品の服用を始めると高い効果を得やすいといえます。