タブレットを持って説明する男性医師

さまざまな症状に効果あり

身体の状態を知るイメージ

ペニシリン系の抗生物質であるビクシリンは、細菌を死滅させる殺菌的抗菌薬といえます。この働きは細菌の細胞壁合成を阻害することで、細胞壁が薄くてもろい状態になり死滅させるのです。
ビクシリンが有効的とされているのは、淋菌や梅毒トレポネーマ・ブドウ球菌・レンサ球菌・大腸菌・赤痢菌など性感染症を含む、細菌類が原因の症状に対して改善効果が期待できます。

また呼吸器や耳鼻科領域の症状に対しても、幅広く使用されている医薬品なのです。細菌の感染症で最も多いともいえる、喉の痛みや咳・発熱を伴う風邪に対しても処方されるといいます。比較的軽い感染症であれば、ビクシリンによって症状が改善されるでしょう。ただし菌は症状が治まっても、しばらくは体内に残っている可能性もあります。

規定内の用法用量をしっかり守って服用し、菌が潜伏していることが考えられる期間内は服用を続けることがおすすめです。
服用方法は1回250mg〜500mgを1日に4回〜6回、水かぬるま湯で服用してください。症状や年齢によって用量は異なるうえに、服用後の副作用については個人差もあるので自分自身に合う服用量を継続する必要があります。

ビクシリンが分類される抗生物質は、病院でも細菌による感染症が疑われる時に処方されるのです。そのため日常的に起こりやすいウイルス性の風邪の場合、抗生物質は有効とは言えません。抗生物質がどんな症状、その原因に対して有効的なのか理解をした上で、正しく使用しましょう。
病院処方の治療薬と比較しても、利用しやすいビクシリン通販は服用方法を誤ると、正しい効果を得られなかったり強い副作用を引き起こしたりする可能性もあるので、購入前に理解しておくことが大切です。